育児 ] 投稿:2016/01/13(水)   更新:2018/08/09(木)

お菓子のおまけがオモチャなのではなく、オモチャのおまけがお菓子なのである

娘が喜ぶと思ってお菓子を買ったんですよ^^


何にするか少し迷ったんですけど、


娘はディズニー系が好きなので今回は…

スポンサーリンク

チョコエッグ箱


ディズニーのチョコエッグ!!





娘もどうやら喜んでいるみたいです!





中身は何かな


「入ってますかー?」



振って確認します(笑)


大丈夫だよ!ちゃんと入ってるよ(^^)



が、しかし…




問題は



中身ヽ(`Д´)ノ





一覧


全部で13種類。



上の一覧を見る限りハズレは…



ほぼナシとみていいでしょう^^



強いて言うなら「魔女」くらいですかね。




さっそく空けてみます!!




チョコエッグ


チョコを割ると…




カプセル


中から容器が出てきました。

























魔女


魔女…orz




まさかそんな薄いところを引くとは…



おそるおそる娘の表情をうかがうと





娘「死んだ魚の目発動!!」





いや…




この目は…









哀しみの目


こ、この悲しい目はケンシロウ…



まさか、魔女だったことがショックすぎて…


我が娘は2歳にしてすでに哀しみを背負い、無想転生を会得したというのか(°д°;)



や、やばい!!


このままでは




「殺意の波動」




に目覚めるのも時間の問題です!!!



ごめん!!


パパが悪かった!!!

まさかここで魔女を引くとは思わんかってん…許してちょ-m(__)m





パパの対応が早かったのか「殺意の波動」は回避することに成功ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。




あっ、ちなみにご存知ない方のために「殺意の波動」についてご説明しますと


例えば、「リラックマ」っていますよね?


なんかほんわかしててかわいらしいやーつ。



リラックマ


そう。この左のクマさんのことです。


今は三人仲良しな感じですが、


リラックマが「殺意の波動」に目覚めてしまいますと




















殺意の波動クマ


リラックスタイム…終わっちゃいます( •̀ .̫ •́ )✧






それから皆さんご存知




「ねぇムーミン。こっち向いて」




の場合は






ムーミン



これが…





















殺意の波動ムーミン


「ムーミン様!申し訳ございませんでした(`Д´)ゞ」



謝っても時すでに遅し。



です。


(-ノ-)/Ωチーン







最後に「太鼓の達人」の太鼓くん(名前知りません^^;)



きりがないので本当にこれが最後です。




太鼓の達人


普段はこんな感じで可愛いですよね^^




ぼく「今から太鼓を叩いて遊ぶドーン」ヽ(^。^)ノ










太鼓の達人殺意


太鼓くん「君を叩くとどんな音が鳴るか楽しみだドーン!!」




ぼく「逆に叩かれるドーンヽ(^。^)ノ」




て、


ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ










はいー。



いつものどうでもいい話でしたー。




最後にこのお菓子の箱の注意書きをよく読んでみると



注意書き













WHY 本田1


WHY!!


対象年齢15歳以上!?



3歳以上でよくね?



しかも、





「3歳未満のお子様には絶対にあたえないでください」









本田


どういうこっちゃ!!



「3歳未満には絶対に~」ってことは3歳以上には与えても良いってことじゃね?


チンパンジーと知能対決したらギリ負ける自信しかないどーもとには読解不可能でございます。


あ、そういえば京大の研究でチンパンジーが人間の成人より賢い的なニュースを見たことがあるような…


大変失礼いたしました。訂正いたします。


これからは「チンパンジーさん」と呼ばせていただきましょう!!



あれ、訂正するんはここじゃないか^^;




「僕の知能はチンパンジーさんにギリ勝てる」のではなく


「僕の知能はワンちゃんにギリ負ける」に訂正いたしますm(__)m


ってもう本題がわからんです。書いとる本人がわからんとです(-_-)


というわけで…



終ー了ー!!






それでは次回をご期待ください。さよなら、さよなら、さよなら。


バカだからって見捨てないでね。


かしこ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

非公開コメント