ニュースな話 ] 投稿:2016/11/07(月)   更新:2018/08/09(木)

明治神宮外苑火災のニュースを見て思うこと…

毎日毎日痛ましいニュースを目にします。

正直もうこんな世の中と接点をなくして、山奥や無人島で生活がしたいです。

 

妻や子どもがいるということはとても幸せなことですが、一番の「弱点」であることもまた事実です。

 

 

スポンサーリンク

何の話か?と思われるでしょう。

この話です。東京の。

 

神宮外苑で火事 5歳児死亡、父ら2人ケガ

(参照元:NHK)

上のNHK動画ニュースの25秒くらいから燃えるジャングルジムに飛びかかって壊そうとしているように見える男性がいますが、この方が父親なのでしょうか…本当に辛すぎます。

 

 

<神宮外苑イベント火災>主催の社長ら「ざんきに堪えない」

(Yahooニュース)

 

 

【現地画像】明治神宮外苑の「東京デザインウィーク」で大惨事!会場の展示品が火事で燃え5歳男児死亡…

(まとめサイト)

 

 

 

このニュースが頭から離れず寝れなくなってしまった。

 

冷静に考えると燃えて当たり前のような作品ですが、もし自分が娘を連れて遊びに行ったと想像して、遊びたがる娘を止めることができるのか…

 

正直わかりませんが安全と言われている物でも疑って、親である自分が大丈夫かどうか判断しなければいけないと改めて思いました。

 

本当に悲しい事件です。目の前でわが子が焼けるなんて想像しただけで頭が狂ってしまいそうです。

 

 

もし何でも一つだけ願いが叶うとしたら僕の願いは、

 

 

「1日でもいいから娘よりも早く死なせてほしい」

 

 

これだけです。

 

もちろん娘は悲しむでしょうがそれは受け止めてもらいます。ですので、娘が受け止められる年齢になるまでは生きたいと思います。

 

でもパパが先に死ぬ。ここだけは譲れません。

 

こんな言い方はよくないかもしれませんが、僕は順番というものがあると思っています。

年寄りより若者が先に死んだらダメだと思っています。

 

 

僕はとても用心深い性分です。子どもと歩道を歩く時も基本的には抱っこします。

娘を歩かせたとしても、パパが車道側を歩き娘としっかり手を握って歩きます。時々娘に手が痛いと怒られます^^;

 

基本的には娘の隣は「壁」と「パパ」になるように歩きますが、時々ほとんど隙間がない「壁」と娘の間を自転車が通り抜けようとするのに殺意がわきます。

 

自転車は原則歩道通行禁止ですし、仮に歩道走る際も歩行者を追い抜く時は「安全な距離をとって車道側を徐行」しなければなりません。

 

なのに車道側の僕の横じゃなくて歩道側の娘を高速で追い抜こうとする人がいるんですよ!

 

 

ガッデムヽ(`Д´)ノ

 

ですよ!ほんまに!

 

僕は法律が守れない人を悪人だと判断しますので、おそらく自転車ドライバーの方々の9割は悪人だと思っていることになります(笑)

自転車に乗っている人で法律を守っている人を見つける方が難しいんですよね。何で法律を守れないのかなと不思議に思います。最低限ルールは守りましょう。マナー以前の問題です。

 

 

話が逸れましたが、歩道だからと1~3歳くらいの子どもと手を繋がずに歩いている保護者の方がけっこういるんですよね。歩道は安全だと判断しているのでしょうけど僕はかなり危険な行為だと思っています。普通に車道に飛び出すかもしれませんし…

 

すみません。もう書くことなくなりました(笑)

僕のブログ史上最大級の(笑)グダグダな記事となりました!

 

まとまりのない話になりましたが、僕は今までどおり(今まで以上に!)娘の安全確保に全力を尽くします(`Д´)ゞ

 

 

 

 

ってどーもとは急に何宣言しとるねん。知らんがなヽ(`Д´)ノ

 

 

 

と思われたあなた…

 

 

 

 

 

 

正解( •̀ .̫ •́ )✧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

非公開コメント

思い出すと辛くなるニュースですね…
かわいい我が子の安全は、自分でしっかり守らなければと考えさせられる事件でした。

自転車…マナー守ります!

私も昔同じようなことを思ってました。

いろんな本を読んで、魂的なことを学んで、すべては学びかなと考えています。本旨からそれますのであまり深くは書きませんが^^

ただパパとして、物理的に最大限娘を守る行動を取ることは同じです!^^

たくろうたさん

コメントありがとうございます!

子どもを持つ親でなくても辛くなる事故だと思います…
特に子どもが小さいうちは親が本当に安全なのかどうかしっかり見極めないといけないと感じます。

自転車に関してはちょっと極端な書き方をしましたが、マナーの良い方もたくさんいらっしゃいますし、たくろうたさんは絶対大丈夫だと思います(^^)

マーフィーさん

コメントありがとうございます^^

娘の死を学びと考えるということですか…
正直今の私では無理ですね…^^;

10年近く前に兄を亡くしましたが未だに吹っ切れません。無理やり忘れることで生きています。
ただ、兄の死があったからこそ今の自分がるのも事実でしすし、兄が生きていたら私の人生も違ったと思いますので今の妻と娘と出会えていなかったかもしれません。

そう考えると死というものをポジティブに捕らえることもできます。

話が逸れてしまってもうしわけありませんm(__)m