アミューズメント ] 投稿:2018/07/27(金)   更新:2018/08/19(日)

ポケモンリアル脱出ゲーム『風の遊園地からの脱出』(大阪・ひらパー)攻略や混雑状況

こんばんは、どーもとです。
1日夏休みを取って、家族でひらパーに行ってきました。

目的はもちろんポケモンをゲットすること!
『風の遊園地からの脱出』に参加することです!
(以下『ポケモン脱出』)

今回は『ポケモン脱出』の攻略(ヒント)や注意点をご紹介します。
※本イベントはネタバレ禁止のため、攻略と言っても具体的な謎解き方法は記載できないことをご了承ください。

スポンサーリンク

目次

  1. 基本的なルールは?難易度は?
  2. 攻略のヒント
  3. スタンダードコースとキッズコースの違いは?
  4. フリーパスはいる?
  5. SNS投稿でバッグをもらおう!
  6. ひらパーさんに一言
  7. さいごに

基本的なルールは?難易度は?

受付でもらった冊子に書かれた謎を解きながら、ひらかたパーク内を歩いてポケモンが書いてあるパネルを探します。キッズコースなら見つけたポケモンをチェックするだけ、スタンダードコースならパネルに書かれた謎を解いてポケモンのワザ名を記入する。これが基本ルールです。

謎解き冊子

↑これがこのゲームの進め方が書かれた冊子です。赤がスタンダードコース、青がキッズコースです。


ポケモンゲットシート

↑これがポケモンゲットシートです。スタンダードコースとキッズコースの違いは↓。


キッズコース

キッズコースはチェックするだけ。


スタンダードコース

スタンダードコースはポケモンのワザ名を記入するようになっています。(画像のワザ名は消しています。)


ルールは簡単ですね。ただその難易度ですが、

結論から言うと結構難しいです。

公式HPに何日かに渡って参加可能と書いていましたが、確かに1日でクリアできない人もいると思います。

クリアするのにポケモンをコンプリートする必要はありませんので、全部見つける必要はないと割り切れば大分簡単になりますが、それでも大人でもそこそこ難しい謎もありますので、時間に余裕を持って参加したいところです。

コンプリートしてショップに行くとルギアのスタンプを押してもらえますので、スタンプを押してもらいたい人は頑張らないといけませんね。
(個人的にはあれだけ苦労してスタンプとか微妙すぎます。娘も大して喜びませんでした…)

↓がそのスタンプです。

コンプリートスタンプ

参考までに我が家の結果をご紹介します。

コースは娘がキッズコース、妻と僕はスタンダードコースでいきました。

ひらパー開場の10時から開始して16時40分位にフィニッシュ!

17時でイベントは終了なので、ギリギリセーフ。6時間40分もかかりました…
ポケモンコンプリートできたので無事スタンプもゲットできましたけど、かなりきつかったです。

時間がかかったのは、かなりの暑さのため頻繁に休憩を取りながら、室内で遊べるアトラクションに参加しながらということもありますが、スタッフさんが3~4時間かかると言っていたのも納得です。

ですので、かなり時間に余裕を持って参加することをおすすめします。

混雑状況によってもかなり時間が左右されると思います。僕が行ったのは夏休みとは言え平日でしたのでかなり空いていました。ほとんどのお客さんはプールがお目当てだったようです。可能ならばやはり平日がいいでしょう。


目次へ

スポンサーリンク

攻略のヒント

冊子の謎解きの順番に関係なく、見つけたポケモンはワザ名を書いておきましょう。

後でコンプリートしようと思うと、また見に行かないといけないので大変です。結構広いですから。

その際ポケモンの場所は冊子の裏にあるQRコードを読み込んでヒントを見た方がいいです。ポケモンの場所は大まかにゾーンで色分けされている以外に特に居場所を示す物はないです。謎解きもクソもありません。炎天下の中歩き回っていると本当に危険ですので、さっさとヒントを見てしまいましょう。QRコードは冊子の裏にあります。↓

ヒント

目次へ

スタンダードコースとキッズコースの違いは?

既にスタンダードコースとキッズコースの違いに触れてきましたが、ここで改めて整理します。

我が家もそうだったんですが大人と小さい子どもで行く場合、スタンダードコースにするかキッズコースにするか迷いますよね?

僕の場合は娘に合わせてみんなでキッズコースにするつもりでしたが、スタッフさんに話を聞いて大人はスタンダードコース、娘はキッズコースにすることにしました。

というのもキッズコースとスタンダードコースに謎を解く手順に違いはありません。子どもと一緒に園内を回ってオッケーです。

なので僕たちみたいなファミリーで子どもはキッズコース、親はスタンダードコースにして一緒謎解きを進めることができます。

細かい違いはいくつかあるのですが、大きな違いは一つです。それは、

【ポケモンを見つけた時】
キッズコース →チェックするだけでOK
スタンダードコース →謎を解いて技名を記入


つまりルギアのスタンプ押してもらえるハードルが違うだけです。もっと言ってしまうと、キッズコースは実際にはポケモンを見つけていなくても、全部チェックすればスタンプもらえちゃいます。

まあスタンダードコースの方も多少ワザ名間違えていても気づかれないでしょうけどね。僕がスタンプ押してもらったおばちゃんは絶対ポケモン知らない感じやったから、全部てきとーに書いていても全然いけそうでしたよ!ってここまで言っておいてなんですが、ズルはだめですよ。まあズルしてまでほしいものでもないですが…


目次へ

フリーパスはいる?

前売り券を持っている人はいいですが、持っていない人はまずチケット購入が必要です。

ひらパーに入って右に曲がるとすぐに大きなモンスターボールが見えるので受付まで迷うことはないでしょう。

券売機でチケット(大人も子ども800円)を購入し、そのまま受付へ。

ちなみにこのイベントは必ず最低3つのアトラクションに乗る必要があります。

アトラクションに乗らないとわからない謎が3つあるということです。もちろんアトラクション代がかかります。

  • ①ノームトレイン(400円) or ラウディ(絶叫系?:400円)
  • ②オクトパスパニック(絶叫系:400円) or メリーゴーラウンド(300円)
  • ③レッドファルコン(絶叫系:500円) or スカイウォーカー(観覧車:500円)
  • 一番安い組み合わせで1200円。ちなみにフリーパスは小学生以上で3000円、2歳~未就学児で1800円です。

    かなり微妙ですよね。個人的にはひらパーの乗り物のクオリティで1回500円とかめっちゃ損した気分になるので、フリーパスをおすすめします。ひらパーゴーゴーチケットがあるとちょっとお安くなりますしね!


    目次へ

    スポンサーリンク

    SNS投稿でバッグをもらおう!

    ルギア看板

    まず↑のイベントのパネルを写真に取ります。その写真をツイッターなどのSNSでハッシュタグ「#ポケモン脱出」をつけて投稿し、スマホ等でその画面をショップの店員さんに見せるとクリアバッグがもらえます。

    クリアバッグ

    このバッグに謎解きの冊子とペンを入れて持ち歩くと良さげですが…がめっちゃ持ちにくいので正直いまいちでした。

    でもせっかくですから、ツイートしてもらっちゃいましょう。

    ちなみにSNSができない小さい子どもは店員さんに言うだけでもらえます。


    目次へ

    ひらパーさんに一言

    えーと、ごめんバカなの?バカなんですか?

    観覧車ですよ。何?日本一あつい?40度?バカなの?

    あ、すみません。知らない人には全く何のことかわからないですよね。

    最近めっちゃ暑くて熱中症が世間でも大きな話題になっているじゃないですか?

    そんな中ひらパーさんは「日本一あつい?観覧車」的なイベントをやってるんですよ。室内温度40度。体調の悪い人は乗らないでください。って言われましても、このポケモンのイベントにはレッドファルコン(絶叫系:500円) or スカイウォーカー(観覧車:500円)があるんですよ。

    レッドファルコンとかいうジェットコースターに乗れない子どもは、40度の観覧車に乗るしかないんですよ。

    鬼ですか?いじめですか?どSですか?

    うちはパパ一人で観覧車に乗って、妻と娘は外で待機してもらいました。

    観覧車に乗ってさらに驚いたのは…

    飲食禁止

    飲食禁止ヽ(`Д´)ノ

    これはほんまにヤバイやつです。娘を乗せなくて正解でした。

    ちなみに観覧車乗ったけど結局謎はわかりませんでした(`Д´)ゞ

    僕の同じ様に分からなかった人は、ひらパーのスタッフさんが教えてくれるのでご安心を。


    目次へ

    さいごに

    ポケモン脱出は大人も子どもも楽しめるイベントであることは間違いないと思います。

    ただかなり歩き回ることになりますので、特に晴れた日には熱中症に気をつけて楽しんでください。

    このブログが少しでもポケモンを楽しむきっかけになったなら嬉しいです。

    スポンサーリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

    コメント

    非公開コメント