イクメンスロッター奮闘記

育児や趣味のスロットなどについて書いてます。

【2018年】ポケモンスタンプラリー(大阪地下鉄)のやり方や感想

アニメ ] 投稿:2018/08/07(火)   更新:2018/08/12(日)

こんばんは、どーもとです。

娘が大好きなポケモン。

今は映画が上映中ということもあり、映画のコラボイベントがいろいろとやっています。今回はその中でポケモンスタンプラリーに参加しましたので、イベントの概要や感想を書きたいと思います。 これから参加してみたいという人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

目次

  1. ポケモンスタンプラリーとは?
  2. ポケモンスタンプラリーの攻略法
  3. ポケモンスタンプラリーの注意点
  4. ポケモンスタンプラリーをやってみた結果と感想
  5. さいごに

ポケモンスタンプラリーとは?


ポケモンスタンプラリーの概要

現在上映中のポケモン映画最新作『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』とOsakaMetroのコラボイベントです。

大阪市営地下鉄からOsakaMetroになって初めての大型タイアップイベントということで力が入っています。

イベント初日の8/4は各駅で駅員さんがピカチュウのサンバイザーを配ったり、ゴール地点の一つである堺筋線本町駅ではサンバイザーをつけた駅員さんさんが案内していましたし、堺筋本町のゴール地点には駅員さんとは別にスタッフさんが3人もいました。

サンバイザーは駅長室で

ちなみにサンバイザーは駅長室でもらえます。

開催期間などの詳細は以下の通りです。

開催期間

2018年8月4日(土曜日)~8月26日(日曜日)

参加方法

Osaka Metro各駅のパンフレットラックに設置されている台紙を入手してスタンプポイントをまわる。

↓のように駅でよくみるパンフレットラックに設置されていますが、ない場合は駅員さんに聞いてみてください。また、すべての駅ではないですが、スタンプポイントのスタンプ台に設置してくれいる駅もいくつかありました。

台紙はチラシスタンドで

参加費

無料

ポケモンスタンプラリーの賞品

スタンプの数に応じてオリジナルステーショナリーセット(文房具)がもらえます。

5個スタンプの賞品が一番豪華になっているところがとても良心的ですね。

スタンプ数に応じて商品もらえる
5スタンプ達成商品!
定規

定規セット

クリアファイル

クリアファイル

下敷き

下敷き

7スタンプ達成商品!
名前シール

オリジナルネームステッカー

10スタンプ達成商品!
ノート

オリジナルノート(中身は絵も何もない真っ白なただのノートです)

OsakaMetro公式による説明

このスタンプラリーは、Osaka Metroが開催する初めての大型タイアップイベントで、幅広い年代に高い人気を誇る「ポケットモンスター」とタイアップすることで、Osaka Metroにより一層の親しみを感じていただける企画としました。  Osaka Metroの駅やポケモンセンターオーサカ(計10か所)に設置しているスタンプは、大人気のピカチュウやイーブイを始め、「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」に登場する幻のポケモン“ゼラオラ”や伝説のポケモン“ルギア”など、人気のポケモン10匹をデザインしたこのラリー限定スタンプです。  さらに、5スタンプ、7スタンプ、10スタンプを集めると、このラリー以外ではゲットできない賞品をプレゼントします。  この夏は、Osaka Metro初の「Osaka Metroポケモンスタンプラリー」で、皆様それぞれの素敵な「物語」を完成させてください。 Osaka Metro

目次へ

ポケモンスタンプラリーの攻略法

OsakaMetroの9つの駅とポケモンセンターオーサカの計10ヶ所のスタンプをコンプリートしてゴールし、すべての賞品をゲットするにはどうすればいいのか?できれば1日でクリアしたいですよね?

そもそも1日でクリアできるのかというと、ちょっとしんどいですが全然可能です。
まわるルートで多少時間の誤差はありますが、単純に電車の乗車時間と西梅田駅からポケセンまでの徒歩の時間を合わせて2時間40分くらいです。この時間プラス乗り換えの時間や、ご飯食べたり休憩したりの時間を合わせると、4、5時間くらいあれば余裕を持ってクリアできそうですね。(我が家は余裕を持ちすぎてもうちょっと時間がかかりましたが…)

参考までにスタンプラリーのマップを載せておきます。

マップ

ゴールは堺筋本町駅かポケモンセンターオーサカに設けられた特設カウンターです。

ゴール地点

スタンプポイントはどこにあるのか?

台紙にはマップがついていますが、スタンプポイントの場所は「東改札内」などと表記されています。
駅構内の案内板を見ても書いてなかったりするんですよね。では、どうやって探せばいいのか?いちいち駅員さんに聞かないといけないのか?その心配は無用です。

スタンプ台はこちら

ホームの至る所にある大きいピカチュウの案内板がスタンプポイントまで導いてくれます。

鶴橋とコスモスクエアは案内板が見つけられず、ちょっと迷いました。
特にコスモスクエアはひどいんですよ。ホームに全然案内板がなくて迷ってスタンプポイントに到着すると…

無駄な案内板

スタンプポイントの真横にピカチュウ全員集合かーい!
面倒くさかったの?駅長さん!

ちなみにコスモスクエアのスタンプポイントは一番上まで伸びている長いエスカレーターで上がれば目の前にあります。

スタンプポイント

スタンプポイントは、このようにポイントごとのポケモンが大きく表示されていますので、すぐにわかります。

ウソッキー

何故かウソッキーだけはこの小さい表示だけでした。映画ではかなり活躍してたのに…

電車賃はどうする?

参加費が無料とはいえ、すべての駅を普通に切符買って乗車すると結構な金額になります。
ご心配なく、もちろん安くする方法はありますよ。

1日乗車券「エンジョイエコカード」

地下鉄とバスが1日乗り放題になる素敵なカードです。観光スポット等で割引特典があったりもするのだとか。

大人: 800円(土・日・祝日用 600円)
小児:300円

各駅の券売機で購入できます。

大人は土日祝がお得ですね。
大阪市内の子どもは次のパスがいいでしょう。

「おでかけKID'SサマーPass」

大阪市内に在住、在学中の小学生が地下鉄とバスに無料で乗れる乗車券です。
誰もが利用できるわけではないですが、使える人は絶対使った方がお得ですね。


以上から、1日でクリアするには時間に余裕を持って、1日乗車券を使ってまわりましょう。

全部まわるのはきついという人は5個や7個でも十分だと思います。

このスタンプラリーでネックとなるのは「門真南駅」、「なかもず駅」、「コスモスクエア駅」の3つです。これらの駅は各線の一番端っこの駅で、乗り換えも必要となって来るので結構時間がかかります。
そのうえ、スタンプ7個と10個の違いって、ノート一冊なんですよね。しかも中身は真っ白なただのノートです。ですので、時間がかかる3つの駅は捨ててしまうのもありかと思います。

目次へ

ポケモンスタンプラリーの注意点

熱中症に注意

基本電車に乗っていますので、熱中症はあまり心配しなくても大丈夫です。が、乗り換えに結構歩きます。10分弱くらい歩く場合もありますので、地下ではありますが水分補給には気を付けましょう。

スタンプポイントの場所に注意

なんば駅だけスタンプポイントが御堂筋線の駅長室にあります。ピカチュウのスタンプですし特別扱いなのでしょうか。

ピカチュウは駅長室

(御堂筋線なんば駅の駅長室)

それからスタンプポイントは改札の中のものと外のものがあるので注意が必要です。
特に西梅田駅は「中改札外」にスタンプポイントがあるのですが、この中改札は乗車専用で中から外にでることができません。僕はまさにこれにひっかかって中から出れなくて困ったのですが、そこにいた駅員さんの配慮により乗車専用の改札から出してもらえました。でも絶対出してもらえるというものではないでしょうから、別の改札から出て外から行った方がいいと思います。

ちなみにポケモンセンターオーサカのスタンプポイントと特設ゴールカウンターは同じ場所にあります。

ゴールとスタンプポイントは隣

ポケモンセンターのサービスカウンターの隣に設置されているのですぐわかるでしょう。

ゴール時間に注意

ゴールは堺筋本町駅とポケモンセンターオーサカの2ヶ所ですが、どちらも10時~17時までです。

1日で10ヶ所のスタンプを集めてゴールを考えている人は、17時までということに注意してください。あまりゆっくりしているとうっかり間に合わないということになるかもしれません。時間には余裕を持ってまわりましょう。

目次へ

  • ポケモンスタンプラリーをやってみた結果と感想
  • 我が家はイベント初日8/4に行ってきました。スタートはゆっくり11時30分から。

    出発

    ポケモンのイベントなのでご機嫌の娘。

    スタートを堺筋本町駅、ゴールをポケセンにすることにして出発!

    カウンターへダッシュ

    まるで1着でゴールしたかのように歓喜の叫び声を上げながら堺筋本町駅の特設ゴールカウンターへダッシュする娘。(※今からスタートです)
    笑顔で迎えてくれる優しいスタッフさんたち。

    でっかくなっちゃった

    記念撮影。(堺筋本町駅の特設ゴールカウンターの横にあります)

    ポケモン探しにレッツゴー

    ようやくポケモン探しにレッツゴー!

    ピカチュウサンバイザー

    ピカチュウサンバイザーもゲットして大喜び!
    ちなみに、娘が持っているのは、この前日にポケセンでママに買ってもらった着せ替えできるピカチュウのぬいぐるみだそうです。
    ママはピカチュウと娘のお揃いの服を手作りしてやろうと妄想中だとか。

    この後は…

    スタンプを押す!

    スタンプを押したり、

    駅でカブトムシを発見

    カブトムシを発見したり、(どこかのスタンプポイントの隣にあります)

    捨てられた台紙

    捨てられた台帳を発見したり、(8個押してるのにもったいない!)

    ゴール!

    とかなんとかでゴール!!

    スタンプコンプリート

    10個スタンプコンプリートしました!

    11時30分スタートでゴールしたのは16時45分でした。ギリギリセーフ。

    僕らの場合はせっかく知らない駅だからと、門真南駅でお昼ご飯を食べようと考えたのが時間をロスした原因です。
    みなさん、門真南駅には注意してくださいね。お昼ご飯食べようと駅に出た瞬間絶望することになりますよ。一応食べるとこありましたが。

    スタンプラリーをやってみた感想としては、大人は「疲れた」でした。
    まあスタンプ押している以外はひたすら電車に乗っているだけですからね。しかも地下鉄なので中央線以外はほぼ地下です。景色を楽しむこともできません。でも娘は楽しかったみたいで、ゴールした時もめっちゃ喜んでいました。

    ただ、小さい子どもとまわる人は電車内での過ごし方を考えておく必要があると思います。2時間40分は子どもには結構長い時間で、なかなかじっとはしてられませんから…

    目次へ

    さいごに

    子どもが喜ぶイベントであることは間違いないので、お子さんを連れてぜひ参加してみてください。

    全部まわるのが大変だったら5個だけなら1時間もかからずにまわることもできます。
    大人も子どもも無理なく楽しく遊べるといいですね。(子どもは全部まわりたがるでしょうから、どうしても大人が頑張らないといけないでしょうけど^^;)

    あと最後にこういうこと言うのもなんですが…

    OsakaMetro物語

    Osaka Metro物語って何!?

    はい、それでは今回はこの辺で。

    よろしければついでに他のポケモン記事も読んでいただけると嬉しいです。

    ポケモンリアル脱出ゲーム『風の遊園地からの脱出』(大阪・ひらパー)攻略や混雑状況
    『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の感想とかいろいろ
    スポンサーリンク

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます
    01:17 | トラックバック(*) | コメント:0 | 先頭 | TOP




    コメント


    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    | このページの先頭へ |

    プロフィール

    どーもと

    Author:どーもと
    どーもとと申します。育児歴3年。スロット歴10年。

    家族構成:どーもと:妻・娘・金魚(ドロシーとシドロー)
    とある国会議員の秘書の内定を蹴ってしまったため、現在無職…就活中です!

    自称イクメン!
    (あくまで自称です。妻はそう思っていないかもしれません笑)

    最近はあまりスロットに行けていません。
    スロッターという言葉がタイトルに入っていることを忘れてしまっていたくらいです^^;

    アフィリエイトやポイントサイトでお小遣い程度の収入を目指しています!

    娘との日常、スロット稼動日記、アフィリエイトについてなどなど私が経験したことを綴っている雑多なブログでございます。

    アフィリエイトやポイントサイト等、いろんなことに挑戦しています!
    皆さまが当ブログを読むことで私と同じ失敗をしないように気をつけてもらえたら嬉しいです^^

    また、私が実際に体験してお得だったことも書いていますので、ぜひ真似をして一緒に得しましょう♪


    ツイッターでは皆さまのツイート内容をバンバンリツイートさせていただきます!
    (アダルトなどコンテンツによってはしませんm(__)m)

    よろしければフォローお願いします。
       ↓↓↓

    https://twitter.com/ikumenslot

    人気ランキング

    Twitter

    フリーエリア

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム