アニメ ] 投稿:2018/08/16(木)   更新:2018/09/06(木)

ピクサー・ザ・フレンドシップで写真を撮ろう!(感想・混雑状況・作品)

ピクサー・ザ・フレンドシップに家族で行ってきました。

今回は実際に行ってみた感想や当日の混雑状況などを書きますので、これから行こうと思っている人はぜひ参考にしてください。

写真を多めにしましたので、読む時間がないという人は写真だけでもざっと見て会場の様子を感じてみてくださーい。

スポンサーリンク

ピクサー・ザ・フレンドシップとは

作品ごとにフォトスポットが設けられていて、大好きな映画の世界に実際に入った気分で写真が撮れるイベントになっています。

基本的には写真を撮るだけですので、混み具合にもよりますが滞在時間は1時間~2時間くらいでしょう。

イベントの詳細は以下のとおりです。

場所:大丸心斎橋店北館14階 イベントホール

期間:2018年7月20日(金)~2018年9月3日(月) *会期中無休

開場時間:午前10時~午後8時00分(午後8時30分閉場) ※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)

入場料:一般(中学生以上):1,200円(前売り1,000円)

子ども(小学生以下~3歳まで):600円(前売り500円)

※2歳以下無料 ※料金は税込

※小学生以下の単独入場不可

ピクサー・ザ・フレンドシップに登場する作品

どんな作品が登場するのか?

ここが一番気になりますよね?あなたの大好きな作品が入っているかどうか以下の一覧で確認してみてください。

  • 「トイ・ストーリー」
  • 「モンスターズ・ユニバーシティ
  • 「カーズ」
  • 「ファインディング・ドリー」
  • 「メリダとおそろしの森」
  • 「カールじいさんの空飛ぶ家」
  • 「インサイド・ヘッド」
  • 「リメンバー・ミー」
  • 「インクレディブル・ファミリー」
  • 「バグズ・ライフ」
  • 「レミーのおいしいレストラン」
  • 「アーロと少年」

いかがですか?

さすがにピクサーファンでこの中に好きな作品が一つもないという人はいないでしょう。

仮にピクサー作品を全く見たことがないという人は、この機会にどれか一つ見てみてください。

僕のおすすめは「トイ・ストーリー」。シリーズを重ねるごとにどんどん面白くなる珍しい作品です。

スポンサーリンク

ピクサー・ザ・フレンドシップの感想・混雑状況

僕が行ったのは8月上旬の平日、お盆前です。

開場は10時でしたが、僕たちは10時30分くらいに到着。

最初にある程度まとまった人数でオープニングムービーを視聴してから入場するという、よくあるパターンのやつ。

ですが…ここまで適当なオープニングムービーは初めてでした。これ系のイベントはけっこうよく行くのですがダントツ一番ひどいです。

普通は待ち時間のあいだはCM的な映像が流れてて、ある程度の人数が揃うか、一定の時間が経つとスタッフさんから指示がありオープニングムービーが開始されます。

今回のは、案内等は何もなくCM的な映像が一区切りしたなと思ったら「それではご入場ください」と…

え、今のオープニングムービーやったん?なら言ってよ。って感じです。

僕たちがオープニングムービーのエリアに入った時すでに映像の途中で、そのあと20秒くらいで終わったんですよ。

せめて最初から最後まで見せてほしかったです。

このスタッフさんがたまたまいけてない人だったのかもしれませんが、これ程雑なオープニングは初めてでした。

でも今回は会場内のスタッフさんもみんな微妙だったので、この人が特別悪いというわけでもなさそうですが…

前回のピクサーアドベンチャーの時はみなさん丁寧で素敵な方ばかりだったので、正直がっかりしました。

批判はこのへんにして続けます。

いよいよ入場ですが、中に入って驚きました。めちゃくちゃ人がいたんです!!

人が多すぎて進めないくらいでした。

子ども達が夏休みとは言え平日でこの混み具合はやばい!と思ったのですが、実は人が多いのは入り口だけだったんです。

理由は簡単、入り口に「トイストーリー」が配置されているから。

トイストーリー人気は衰えませんね。特にバズライトイヤー(トイストーリー1)は常に10人以上は並んでいる感じでした。

他の作品は並んでもせいぜい4~5人くらい。

土日はもう少し混むのでしょうが、人が多すぎて楽しめないということはなさそうです。

我が家はパパが写真係で満足していますが、みんなで写真撮りたいという人はたくさんいますよね?

安心してください。スタッフさんにお願いすれば快く撮ってくれます。

ただ僕が行ったときは、スタッフさんは入り口付近と出口付近にしかいなかったので、フロアの中心辺りに配置されている作品のp場合少し声をかけづらいかもしれません。

でもせっかくですからお願いして撮ってもらいましょう。ピクサーアドベンチャーの時はもっとバランスよくスタッフさんがいたのですが、運営側にもいろいろと事情があるのでしょう。

並んでいる他の人にお願いするというのも一つの方法です。僕も実際にお願いされて撮りましたし、みんな写真を撮って楽しみたいという目的は同じなのでほとんどの人が快く引き受けてくれると思います。

撮ってもらったら、お礼に撮ってあげるとお互いに気持ち良いですよね^^

スポンサーリンク

我が家の場合(写真集)

ここからは我が家がピクサー・ザ・フレンドシップで撮った写真をご覧ください。文章はほとんど書かずにほぼ写真なので、どんな雰囲気なのかをざっと感じてもらえたらと思います。

エレベーターもピクサー仕様

大丸のエレベーターもピクサー仕様です。

チケットをゲット

チケットを買って入場です!

フロア内の混雑具合

入ってすぐはすごく混み合っていましたが、奥はこんな感じ。それほど混んでないですよね。

レミーのおいしいレストラン

帽子が下に下りてくる仕様なのですが、写真くらいの位置が限界なのでママが抱っこしてます。(それでも全然届いていませんが^^;)

カールじいさんと少女

ママはカールさんの杖、娘はカールさんの肩にかけるやつ。(カールじいさんは一度しか見てないのでよくわからない)

インサイドヘッド

これ見てないんですよね。ママと娘は見たらしい、いつの間に…

アーロと少女

アーロがでっかくて迫力ありました。個人的にはこれが一番お気に入りかも。

バグズ・ライフ

虫さんたちは小さいので残念ながら一緒に撮れません。てか存在感がないので気づかないかも?

インクレディブル・ファミリー

ジャック・ジャックを抱っこできます。

ウォーリー

ウォーリーは3回くらいしか見てないからあまり思い入れがない…

メリダ

メリダは常にガラガラでした。人気ないんかなー。もうちょっと可愛い顔にしてあげたらもっと人気出たんちゃうかなぁ。
大島優子さんは頑張ってたと思います。

ファインディング・ドリー①

ドリーというかは上川さんダコがメインですね。

ファインディング・ドリー②

この鳥もドリーでいいんだよね?

モンスターズ・ユニバーシティ

ユニバーシティもいいけど、やっぱりブーがいないと寂しい。
「MU」の帽子を貸してくれます。僕にもかぶるようにスタッフさんが勧めてくれましたが断りました。(こういうところのノリが悪いのが僕の悪いところかな)

怖がらせ屋

大きい声でゲージを満タンにして怖がらせよう!
画面の映像は撮影NGです。我が家以外はみんな撮りまくってましたが、ルールは守りましょう。

モンスターズ・ユニバーシティのかたつむり

会場出てすぐのところにいました。

グッズコーナー

会場内よりもグッズコーナーの方が盛況でした。限定グッズもあります。何も買いませんでしたが…

ガチャガチャ

レジ近くにはガチャガチャもありました。限定ガチャガチャもあります。うちの娘は普通にどこでも置いてあるやつを選択。

ジャック・ジャック.

エレベーターの側にジャック・ジャックが。良いのか悪いのか娘はこれが一番気に入ったようです。ちなみに写真はジャック・ジャックのモノマネをしているつもりです。

さいごに

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

参考になったでしょうか?

実際に行ってみた感想を素直に書きましたので、少し批判的なことも書いてしまったと思います。嘘をついてただ楽しかったですと書くのは簡単なんですけど、それでは意味がないかなと^^;

でもピクサー・ザ・フレンドシップが楽しいイベントであることは間違いないです。
特に今はインスタ映えとか言う、つまりは写真を撮ってSNSに載せたい人が多いと聞きます。そういう意味ではこのイベントは最高ではないでしょうか。僕は写真を撮るのがヘタクソだし、後ろに並んでいる人が気になって一瞬でパパッと撮って終わりですが、時間をかけて上手に撮ればもっと素敵な写真になると思いますし、時間をかけて納得のいく写真を撮って良いと思います。実際時間をかけて撮る人もたくさんいましたが、他の人も自分が時間をかけて撮るのでお互い様ですよね。

とにかく行かれる方は思いっきり楽しんで写真を撮りまくって来てください!

今回はこの辺で。

よろしければピクサーアドベンチャーに行った時の記事も読んでください!(当ブログで一番読んでいただいている記事です。)


お時間があれば記事下の「関連記事」もご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

非公開コメント