育児 ] 投稿:2015/10/24(土)   更新:2018/08/09(木)

そのうちパパは考えるのをやめた

みなさんには全くもって興味関心のないところだと思いますが、


最近娘がハマってる遊具があるんですよ。



それが…

スポンサーリンク

securedownload (7)


これ





特にハートマークがあるところ







アップにすると



securedownload (8)


この「なにやら登るようになっているやつ」




めちゃくちゃビビりの我が娘が



最近これに登れるようになったんです!



その初登頂の画像がこちら↓↓↓







securedownload (3)



よいしょ!よいしょ!














securedownload_20151020195054f92.jpg



1回ためてからの


















securedownload (1)



やったーーーー!!!




表情をお見せできないのが非常に残念ですが、





例えるなら




















b0125570_1115013.jpg


マラドーナ並の歓喜!!




正直オリンピックが決まった時の太田選手にするか森元首相にするかで悩んでいたんですが、
(いったい何で悩んでんだ僕は)




マラドーナ見た瞬間、



これや!!



と思いました。




この人の感情の表現の豊かさは素晴らしいですね







一度マラドーナの画像を検索してみてください。







疲れているそこのあなた。きっと笑顔になりますよ^^








ほら





















Argentina+v+Nigeria+Group+B+2010+FIFA+World+Q94_vQ9772Ml.jpg



201006301114432c6.jpg


・・・


・・・


・・・




毎度のことながら脱線して申し訳ございません…




最近特にこの参考画像貼り付けておけば何とかなるやろうという安直な考え、




我ながら感心できませんね。本当に。
(改善するとは言っていない)




とにかくですね。



「わたし大きくなったからいけたよ!!」



「わたしほんとは登りたかったんだー!!!」


と、大喜びなんですよ。




喜ぶ娘を見ると、当然パパも嬉しくなるんです。



でも、この時気づくべきでした




これが悪夢の始まりだったことに…



いや、気づいても止めることなど僕にはできませんので同じことですが…





この後ボソッと娘が言ったんです。







「私これ気に入ったわ」






僕はこの時になって初めて気づきました。



最初の遊具の写真をよく見てください。



上に登った後は滑り台で降りる設計になっていますよね?




実はうちの子滑り台滑れないんですよ!




以前は滑れてたんですが、年をとると怖いものが増えるのは子どもも同じようで、最近は滑れないんです。




パパかママの膝に乗って一緒に滑るんですよ。




で、この「何やら登るやつ」が大変お気に召したご様子。



延々と登っては僕に、



馬になれ!!



とでも言うように僕を座らせて、自らは僕の上に座って滑る。




エンドレスです。





途中滑り台のすべりが悪くて、




「滑り台が壊れたのかなー」





















securedownload (2)


「あそこに石が入ったんじゃなーい?」






と、滑り台のに落ちてる石が犯人だと主張します。



気が狂ったのか、ツッコミを入れてほしいのか




多少迷うところではありますが、



3秒くらい考えて、この子がまだ2歳児だったことに気づき、



「子どもって可愛いよねースマイル」



華麗にスルーしたことは言うまでもありません。






と、こんな感じで途中無駄話を挟んできますが、基本的には休憩なしで繰り返します…





この日はなんと33回ループ!!



僕の大好きなスロットで33回も天国モードやボーナスがループしてくれたら最高なんですけどね…



こういうループは僕みたいな老体には結構こたえるんですよ。まぁ喜んでくれたからいいんですけどね^^;




でもまだこの日はよかったんです。後から考えると。





次の日も同じループが続きます。




20回…




30回…




40回…





次第に自分が何をしているのかもわからなくなってきます。感覚がなくなってきます。




50回…











60回…













70回…































securedownload (6)


「―パパは― 2度とうちへは戻れなかった・・・。「なにやら登るようになっているやつ」と「滑り台」の狭間の生命体となり永遠に公園をさまようのだ。そして 帰りたいと思っても帰れないので―そのうちパパは 考えるのをやめた。」
最近脳内に別の生物が誕生したような気がするくらい頭が狂っている僕に、「同情した!!」という方は、応援と拍手をお願いします!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コメント

非公開コメント